昨年有数の困惑する見出しのニュース『任天堂がマリカーを訴える』に続報がありました。任天堂の発表によると、東京地裁は株式会社マリカー(現商号 MARIモビリティ開発)に対して、任天堂キャラクターのコスチューム貸与など不正競争行為の差止および、損害賠償金の1000万円の支払いを命じる判決を下したとのこと。任天堂が『マリカー』を訴える。マリオ衣装も貸す公道カートレンタル、著作権侵害と不正競争で(マリカーのコメントを