小泉進次郎を選挙終盤投入「2月の名護市長選で辺野古移設反対派の重鎮で現職の稲嶺進氏が新顔に敗れた要因は、3点突破作戦にある」(オール沖縄関係者)その3点突破作戦とは、(1)菅官房長官の依頼で創価学会の佐藤浩副会長が動き総力戦を指示、展開(2)札束攻勢。道路開発、土地改良予算増額(3)小泉進次郎氏の再三の応援演説だ。「特に進次郎演説に女性や無党派層が夢中で、相当効果があった。稲嶺敗北の最大要因です。沖縄県知事