米国在住の黄万青さんは豪で開催中の人体標本展に出された死体のうち「弟の遺体がある」として、地元警察当局に通報しDNA鑑定を求めている(周東/大紀元)
大紀元

豪で開催の人体標本展 家族がDNA鑑定を求める「弟の遺体あるかも」

ざっくり言うと

  • オーストラリア・シドニーで開催されている、実際の人体を使った標本展
  • ある人体標本が「弟の遺体」ではないか、と中国出身の男性が主張している
  • 思想犯として連行された弟は消息不明で、男性は標本のDNA鑑定を求めている

ランキング