14日、南方都市報は、中国人女子大生が日本の民泊施設を利用した際に部屋を散らかしたまま帰ったことによるトラブルで、学生が6000円余りの賠償金を支払うも依然として双方の主張に食い違いがあることを伝えた。Record China

日本の民泊を荒らして帰る 中国女子大生が弁償も、謝罪はせず

ざっくり言うと

  • 日本の民泊を利用した中国の女子大生3人が、部屋の使い方で非難された問題
  • オーナーによると、請求していたクリーニング代はすでに入金があったという
  • 一方で、女子大生がSNSで発表した声明については、受け入れられないとした

ランキング