ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問が、イスラム教徒ロヒンギャ問題を取材したロイター通信記者2人に対する実刑判決は言論の自由の弾圧に当たらないとの考えを示したことについて、米国務省のナウアート報道官は13日の記者会見で「米国は彼女のコメントの多くに一切同意しない」と述べ、スーチー氏の主張に反論した。スーチー氏は13日、記者2人への実刑判決について「公開の法廷で国家機密法の侵害と判断された」と