日本人の誰もが飲んだことのあるカルピス。特にバブル世代は、幼少期に『ムーミン』『ハイジ』『フランダースの犬』といったアニメを「カルピス名作劇場」で見ており、ブランドが浸透している。自らを「カルピス世代」と称す作家・星野博美氏とカルピス社創業者・三島海雲の評伝を書いた山川徹氏。2人の濃厚な「カルピス談義」をお届けしよう――。※本稿は、8月4日に本屋B&B(東京・下北沢)で行われた対談イベントの内容を再構