わずか2館での公開から累計200館以上に拡大し、観客動員が40万人を突破するなど異例のヒットを続ける映画「カメラを止めるな!」。週刊誌「FLASH」が同作の盗作疑惑を報じたことに対し、映画を製作したENBUゼミナールは21日に声明を発表。「パクった事実は一切ない」と反論した。ENBUゼミナールは声明で、「独占スクープ大ヒット映画をめぐる著作権侵害疑惑『カメラを止めるな!』は私の作品を無断でパクった」との「FLASH」の記