日本フランチャイズチェーン協会が7月のコンビニエンスストア売上を発表し、豪雨や台風で客足に影響があったものの、気温の高さにより夏物商材が好調だったため、既存店・全店ともに前期比プラスとなったことが分かった。【こちらも】6月のコンビニ売上、既存店は2カ月ぶりにプラス非食品の構成比がジワリ減少■気温の高さで夏物が好調20日、日本フランチャイズチェーン協会が7月のコンビニエンスストア統計調査月報を発表し