Appleは毎月多数の特許を出願していますが、先日、iPhoneをこれまで以上に重要なデバイスにする特許を出願していることが判明しました。NFCと生体認証を利用特許出願書類によれば、AppleはiPhoneに搭載されているNFCを使って免許証や社員証、学生証などの身分証明証やパスポートの情報を取り込むことを想定しているようです。取得した身分証明情報をApple Payでも使われているセキュアエレメントに格納することで偽造が難し