大量のデータの中から法則性を見つけ出すのは、人工知能(AI)の最も得意とするところだ。それでは抽象的な政策の分析の中で、AIはどのように振る舞うだろうか。最近、日本の研究者がAIを利用して、ここ数年来振るわず、成長力の乏しい日本経済について診断を試みた。AIはなんと不振の主な原因を「40歳の男性が結婚しないこと」と判断した。環球時報が伝えた。このような経済学の基本的概念を用いない経済分析は信頼できるのだろう