シベリアの永久凍土で凍りついていた虫 4万2000年ぶりに息を吹き返すGIGAZINE(ギガジン)

シベリアの永久凍土で凍りついていた虫 4万2000年ぶりに息を吹き返す

ざっくり言うと

  • シベリアの永久凍土で、長い時間にわたり凍りついていた2匹の線虫
  • 研究チームが解凍したところ息を吹き返し、餌を食べるなど活動を再開した
  • 1匹は約3万2000年前、もう1匹は約4万2000年前の個体で、いずれもメスという

ランキング