脅威となる企業があれば飲み込む…AmazonやGoogleが危ない理由東洋経済オンライン

脅威となる企業があれば飲み込む…AmazonやGoogleが危ない理由

ざっくり言うと

  • アメリカの巨大テック企業が危ない理由を解説している
  • 少しでも脅威になりそうな企業が現れれば、買収してしまうと筆者は指摘
  • 情報独占をやめさせることが喫緊の課題だと分析している

ランキング