「息子への加点は知らなかった」――将来の次官候補はそう供述しているという。受託収賄容疑で逮捕された文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)は官房長時代の昨年5月、東京医科大側に私大支援事業の申請書の書き方をアドバイス。見返りに同大入試で息子を不正合格させた疑いだが、東京地検特捜部の調べに“裏口入学”との認識を否定しているというのだ。受託収賄罪は、公務員が特定のお願いをされ、賄賂を受