仏ナントで撮影されたギロチン(2014年3月25日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB NewsAFPBB News

「売るべきではない」フランスの競売でギロチンが落札され物議

ざっくり言うと

  • フランスで11日、150年前のギロチンが競売にかけられ約105万円で落札された
  • 競売規制機関の広報担当者は「売るべきではない」と異議をとなえている
  • 拷問器具などの品に関しては「慎重に扱うべきだ」と意見している

ランキング