哀しい事実だが、犯罪者のほとんどは反省しない。監獄法の改正後、「自由」になった刑務所では、今日も受刑者たちの笑い声が響いている。裁判では頭を垂れるも内輪では「次は捕まらないよ」とうそぶく彼らを前に、何をすれば良いのか。犯罪者を熟知する著者は、彼ら自身を「死」と向き合わせるために「執行猶予付き死刑」を導入せよ、と説く。現役の無期懲役囚が塀の内側から放つ、圧倒的にリアルな量刑論。 『死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張―』美達大和[著]デイリー新潮

死刑と違い終身刑では反省しない 無期懲役囚が主張する責務とは

ざっくり言うと

  • 死刑や終身刑に関する無期懲役囚の見解をデイリー新潮が取り上げている
  • 死刑囚は常に死と向き合うため、真の反省に至るケースがあるという
  • 一方、終身刑では自己の責務を放棄することもあると無期懲役囚は述べた

ランキング