「ロープにつかまって」「もう少しの辛抱だ」。広島市安芸区矢野東7丁目の塗装業、立山耕一さん(45)は豪雨の中、無我夢中で濁流で立ち往生する車3台から6人を救助した。6日午後7時半ごろ、避難指示発令の約10分前のことだった。今まで経験したことのない、バケツをひっくり返したような雨が降り続いていた。道を覆う濁流の様子を自宅から撮影していると、目の前の天神交差点で車約10台が動けなくなり、軽乗用車1