自民党が提出した参議院の国会議員を6人増やす法案が、参議院本会議で可決された。この法案は、鳥取県と島根県、徳島県と高知県の『合区』により、立候補できない候補者の救済が狙いで、比例区の定数を2増やし、人口の多い埼玉県の選挙区で定数を1増やす。半年ごとに改選するので、全体では倍の6人増える。法案は衆議院に送られ、今国会で成立する見通し。野党の3つの独自案はほとんど議論されなかった。