(10日、フランス1―0ベルギーワールドカップ準決勝)ベルギーの黄金世代の長い旅は、決勝までたどり着けなかった。ボールを支配して攻め続けたが、セットプレーからの1失点に泣いた。それでも、比較され続けた1986年のW杯4強に肩を並べることが出来た。マルティネス監督は「まだ3位決定戦を戦える。成果を手にした」。悔しさをにじませながら、選手をねぎらった。E・アザール、デブルイネ、クルトワら主力は