正社員の手当が減少する時代へ 同一労働同一賃金政策が目指す意味東洋経済オンライン

正社員の手当が減少する時代へ 同一労働同一賃金政策が目指す意味

ざっくり言うと

  • 同一労働同一賃金に関する初の最高裁判断が1日、2件出された
  • 正社員という立場を根拠に支払われていたお金が消えていくと筆者は指摘
  • スキルの有無や業務内容によって、評価されるスタイルに変わるとみている

ランキング