01-20150510144643_IMG_6145_Rガジェット通信

麻薬の原料であるケシが公園に自生も 九州で2017年度15万本処分

ざっくり言うと

  • 品種によっては麻薬であるアヘンの原料ともなるケシが開花シーズンを迎えた
  • 栽培が禁止されている品種も、繁殖力が強く公園や住宅街に自生するそう
  • 厚生労働省によると、2017年度、九州では約15万本が処分されたとのこと

ランキング