自動車が本格普及しておらず「最後のフロンティア」といわれるアフリカ市場への注目が高まっている。日産自動車は13日、平成34年度までに南アフリカでのシェアを現在の1.5倍に相当する15%に引き上げる考えを表明。トヨタ自動車はアフリカでの営業業務について現地で実績があるグループの豊田通商への移管を検討するほか、アフリカへの輸出拠点となるインドでスズキとの協業を進めるなど総力戦の構えだ。日産は13日