企業や組織におけるOSSの利用状況とリスク 昔、こんな迷信がありました。「オープンソースソフトウェア(以降、OSS)はソースコードがすべて公開されているので、深刻な脆弱性があっても、すぐに見つかって修正されるため、プロプライエタリソフトウェアよりは(相対的に)安全である」というものです。これがただの迷信に過ぎないことは明らかなのですが、それでも、まことしやかに語られることは少なくありませんでした。