日本のロボットベンチャーTelexistence(テレイグジスタンス)は5月29日、テレイグジスタンス(遠隔存在)技術を活用したロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」を初お披露目しました。同社はauを運営するKDDIのOpen Innovation Fundなどから出資を受けています。●視覚・聴覚・触覚まで伝送同ロボットは、一言で表現すると「アバター」です。カメラを内蔵し、遠隔地から、まるで自分の分身のように操縦することが可能。手や指の