科学技術分野で日本と中国を人工知能(AI)が結び付けようとしている。科学論文や特許などの日中翻訳サービスが始まった。ディープラーニング(深層学習)で精度が向上し、読みやすい機械翻訳が実現した。中国は論文数と特許数がともに急増し、無視できない成果が増えていた。日本の研究者は英語と中国語で最新動向を追い掛けることになりそうだ。AI研究は米国と中国の2強状態にある。東京大学の松尾豊特任准教授は「中国