音楽ストリーミングサービスのTIDALを買収したころ、ジェイZは公約のひとつとして「より良いアーティストへのロイヤルティ支払い」を掲げました。しかし、現在のTIDALはそれどころではないかもしれません。TIDALはつい先日も、ビヨンセおよびカニエ・ウェストの再生回数水増しの疑いが報じられたばかりですが、3大レーベル(ワーナー、ユニバーサル、ソニー)を含む複数のレーベルやアーティスト個人へのロイヤルティ支払いがここ数