トランプ大統領が5月14日、聖地エルサレムへの米大使館移転に踏み切り、パレスチナ自治区ガザで抗議行動が拡大。イスラエル軍の発砲で58人が死亡、約2700人が負傷する惨事となった。今回の事態の引き金になったのはエルサレムをイスラエルの首都と認定した大統領の決定だ。いたずらに人が死んでいくパレスチナにもはや未来はないのか。[画像をブログで見る]“欺瞞の平和”それにしてもこの日、同時進行的に展開された2つのシーンほ