法医学といえば、遺体の解剖を行って死因を決定する学問だと思う人も多い。しかし実際には、法律に関しての医学的諸問題を広く扱うもので、医学的に公正に判断を行うための学問であり、対象には生きている人間も含まれる。臨床法医学の現状について取材してみた。(医療ジャーナリスト木原洋美)「死人に口無し」だが話せないのは死人だけではない千葉大学附属法医学教育研究センターの医師、本村あゆみさんが診察するのは、ご