Jリーグは5月16日、ルヴァンカップのグループステージ最終節が各地で行なわれ、グループBは磐田と甲府がプレーオフステージ進出を決めた。札幌厚別公園競技場では、札幌対清水の一戦が行なわれ、清水の攻撃力が爆発。0-0で迎えた48分、鄭大世がPKを獲得すると、自らこれを沈めて先制。その3分後には長谷川悠がヘディングシュートをねじ込み2点目を奪う。勢いが止まらない清水は68分にもミッチェル・デュークがダメ押しの