政府が、コンテンツを違法掲載している「漫画村」などの海賊版サイトを名指しで対象にした「サイトブロッキング」が話題になってます。これを受けて、4月23日の『小飼弾の論弾』で、プログラマーの小飼弾氏と、編集者である山路達也氏が、コンテンツの提供者だけではなく、「サイトの利用者も逮捕される可能性がある」と、海賊版サイトの危険性について解説しました。 ─関連記事─ 【緊急ネット世論調査】漫画村などの海賊版