4月11日のレンジャーズ戦でピックオフプレーでアウトになりベンチに戻る大谷翔平(写真:AP/アフロ)米・大リーグのエンゼルス大谷翔平の大活躍に、野球ファンのみならず、日米の多くの人々が驚嘆の声をあげている。スプリングトレーニングでの成績から、彼の開幕後の投打での活躍を予測した人は少なかったのではないか。この連載の一覧はこちらオープン戦、大谷翔平は投手としては0勝1敗、防御率27.00、打者としては32打数4安打0