どんな応用ができるかな?AIとの組み合わせなどによって、最近ますます重要度が増しているカメラ技術。そんななかGoogle(グーグル)が、後からピントを変更できるカメラを開発中のLytro(ライトロ)を4000万ドル(約42億円)で買収するかも…という報道が海外から飛び出しています。TechCrunchによれば、Lytroの買収によって得ることができる価値は特許などの資産なんだそう。Lytroは2014年にピントを変更できるカメラ「LYTRO I