【AFP=時事】オーストラリア西部ウエスタンオーストラリア(Western Australia)州のニンガルーコースト(Ningaloo Coast)で、太古の巨大サメ「メガロドン」の歯の化石が行方不明になっており、当局はなんとか取り戻したいとしている。メガロドンは魚類として史上最大・最強クラスとされる巨大サメ。なくなった歯の化石はおよそ10センチで、推定200万〜250万年前のもの。保存状態が良く、コレクターにとっては垂涎(すいぜん)