成人年齢を「18歳」に引き下げる民法改正案が閣議決定し、注目を集めている。成人年齢の18歳への引き下げが閣議決定政府は3月13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案を閣議決定した。女性が結婚できる年齢を18歳に引き上げることなどを盛り込んでいる。また、18歳から有効期間が10年のパスポートの取得や、性別変更の裁判所への申し立て、親権者等の同意なしにローン契約などを行うこともできるようになる。ただし、