2018年3月12日、中国メディアの界面新聞は、世界各国の人々を旅行先での買い物の動機や習慣に基づいてタイプ分けした調査結果がこのほど発表されたと報じた。英紙デイリー・メールの報道として伝えたもので、市場調査会社のホライゾン・コンシューマー・サイエンスはこのほど、37カ国の2万2000人の海外旅行消費者を対象に、旅先での買い物傾向に関する調査結果を発表した。それによると、米国人、日本人、ドイツ人、ベルギー人は、