伊調馨選手に対するパワハラ疑惑を協議するため日本レスリング協会は理事会を開いたが、当事者の栄和人・強化本部長は「心身衰弱で日常生活が困難な状態」(至学館大学)であるとして欠席した。来週開催の女子レスリングワールドカップの日本代表から離脱することも承認された。パワハラ問題について、理事会は「協会やレスリング競技との間に利害関係がない」(藤沢信雄理事)弁護士3人を、聞き取り調査を行う第三者委員会メンバ