壁に設置された心臓の除細動器(2008年2月6日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB NewsAFPBB News

豪で看護師の男性が九死に一生 心臓発作を起こし自身で応急処置

ざっくり言うと

  • 豪の診療所に勤務する看護師の男性が、自らの応急処置で一命を取り留めた
  • 心臓発作が起きるも、両腕の静脈路を確保してアスピリンなどを自分で投与
  • 隣の診療所とも150キロ以上離れており、救命できる人は1人もいなかったそう

ランキング