BIGBANGのG-DRAGONが歌謡曲の作詞部門で2017年の著作権使用料収入1位を記録した。韓国音楽著作権協会が21日に伝えた。また、同作曲部門の1位はBIGBANGが所属するYG ENTERTAINMENTのプロデューサー、TEDDYだった。