仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京都渋谷区)が顧客の仮想通貨NEM(ネム)約580億円分を不正流出させた問題で、同社は13日、金融庁に業務改善計画を提出する。再発防止策や経営体制の強化が盛り込まれる見通し。また同日、顧客から預かっていた日本円の出金を再開した。仮想通貨はまだ引き出せず、流出したNEMの顧客約26万人へ日本円で計463億円を返金する時期や方法も未公表だ。麻生太郎金融担当相は