世界最高時速350キロで走行可能な復興号。(ネット写真)
大紀元

中国の新型高速鉄道「復興号」故障のため80分の遅延が発生

ざっくり言うと

  • 中国の新型高速鉄道「復興号」は8日、故障のため80分の遅延が発生した
  • 時速350kmで走行可能なタイプで、北京発四川省成都行きの路線の走行は初
  • 事故原因で現在分かっているのは、5号車から高温警報が出たことだという

ランキング