厚生労働省は25日までに、政府が狙う10月からの生活保護費の削減を実施すれば、これに伴い47の低所得者向けの医療・福祉、年金などの施策で影響が出ることを明らかにしました。生活保護費削減を許せば、多くの低所得者が他制度でも負担増などの不利益を受ける可能性があります。生活保護基準は、憲法25条で保障する「健康で文化的な最低限度の生活」を具体化したもので、低所得者を対象とする他の施策の給付水準や給付