日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が「プロ仕様」の新打法に取り組んでいることが13日、分かった。プロの投手が投げる鋭い変化球に対応するためボールを手元まで引きつけて打つ打撃スタイルに着手。高校通算最多とされる通算111本塁打を放った早実時代から、さらなる進化を目指している。ボールをぎりぎりまで呼び込み、鋭い軸回転ではじき返す。千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレ。清宮は室内練習