韓国を目指して脱北した北朝鮮女性12人の乗る船が12日、ラオスとタイの国境を流れるメコン川で転覆し、2人が死亡した。北朝鮮の事情に詳しい複数の消息筋が伝えた。うち1人は韓国でがんの治療を受けようとしていたという。北朝鮮関連のある人権団体の関係者はこの日、本紙の記者に「脱北女性12人が今日(12日)午後3時頃、ラオスからタイに向かうためメコン川を渡ろうとしたところ、船が転覆する事故が発生した」と伝えた。12