【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪(2月9日開幕)の聖火リレーが13日、ソウル入りした。ソウルでの五輪聖火リレーは1988年のソウル夏季大会以来となる。ソウル市によると、聖火は13〜16日、4コース・総距離103キロを約600人がつなぐ。ギリシャで採火された聖火は昨年11月1日に韓国に到着。済州島や釜山、光州、大田、仁川などを回った。韓国全体では約7500人の走者が総距離2018キロを走る。