北朝鮮から秋田県男鹿市の海岸沿いに、昨年11月から12月にかけて漂着した遺体を火葬した遺骨10体が、同市の曹洞宗洞泉寺に安置されている。市の委託によるもので「分け隔てなく供養するのが仏教の教え」(小嶋良宣住職)との姿勢が共感を呼び、米紙ニューヨーク・タイムズなど海外でも報じられた。(藤沢志穂子)洞泉寺の本堂では、他の無縁仏と一緒に、白い布に覆われた10体の遺骨が供養されている。同寺には「かわ