2015年にホッフェンハイムからリヴァプールに移籍したFWロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)。今季の公式戦で既に16得点8アシストを記録するなど、同クラブの攻撃を牽引している。安定したパフォーマンスを披露し続けるなか、同クラブの首脳陣が同選手との新契約締結を望んでいることが英『EXPRESS』で明らかに。今月6日にフィリペ・コウチーニョのバルセロナへの移籍が決定したことを受け、首脳陣が現有戦力の引き留めや契約