昨年11月8日、日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)が「外国映画に使用される音楽の上映使用料」を現行の一律18万円から、興行収入の1〜2パーセント相当の従量制に変更する方針を発表した。この主張に対し、全国興行生活衛生同業組合連合会(以下、全興連)は、書面にて反論するなど、大きな波紋が広がった。JASRAC側の主張は、正論なのか、はたまた暴論なのか。JASRAC大橋健三常務理事に話を聞いた。■このタイミングでの発表の