法改正により今や富裕層だけではなく、一般家庭にも降りかかる相続税。税務署から通達された通りに払うしかないと思ってはいけない。なぜなら、相続税を支払った人の多くは“過払い”の可能性があるからだ。相続財産に占める「土地」の割合は約4割で、最も大きいウエイトを占めるが、土地以外では、有価証券の相続において過払いがよく見られるという。相続税専門の税理士法人チェスター代表・福留正明氏はこう解説する。「有