第44回世界体操競技選手権、女子種目別段違い平行棒の演技に臨む米国のマッケイラ・マロニー(2013年10月2日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB NewsAFPBB News

米国の女子体操の性被害 「終身刑がふさわしい」と厳罰を求める

ざっくり言うと

  • 米体操連盟の元スタッフが、性的暴行と児童ポルノ所持で有罪となった裁判
  • 同国代表の金メダル選手は「終身刑がふさわしい」と厳罰を求めた
  • 女性は13歳のときから現役を退くまで被害が続いたと主張している

ランキング