【AFP=時事】初期の人類で「南の猿人」との意味を持つアウストラロピテクスの化石が6日、南アフリカ・ヨハネスブルクのウィットウォータースランド大学(Witwatersrand University)で一般公開された。これまで発見されたアウストラロピテクスのものとしては最も完全な形に近いこの化石が展示されるのは今回が初めて。367万年前の化石の発掘から組み立てには、およそ20年を要した。最初に発掘された部位が足の小さな骨四つだっ