昔は、誰かが亡くなると、遺言執行人が、一般的な手順に従って遺産の処理をしていました。 愛する人の死後の事務処理は、感情的にも物理的にも辛くなりがちなので、容易なことではなかったでしょう。でも、少なくとも扱うものはすべて有形の物でした。ところが、今は、誰でも多かれ少なかれ生活にオンラインを取り入れていて、それが遺族の頭痛の種になることがあります。故人のデジタルアカウントもデジタルでどんなものを所有し